海外不動産投資

2020-03-02

海外不動産投資は慎重に進めよう

海外不動産はプレビルド形式をとるケースが多いです。

ではこのプレビルド形式は何かというと、

プレ「前に」ビルド「建てる」というように、

実際に物件建設する前に資金を投資家から調達し、

その資金を基に建設を進めてきます。

 

しかしデベロッパーがその前に倒産したり連絡が

つかなくなったりするケースが多発しています。

 

実際にすでに建設されている案件でしたらまだ安心ですが、

それでも海外不動産に投資するわけですから

日本と事情が異なります。

 

海外不動産は慎重に進めてください。

 

経済成長率の高い国がおすすめ

当方が考える海外不動産は、

経済成長率が高い国の不動産に投資することをお勧めします。

 

日本の高度経済成長時、

日本の不動産の価値は何倍、

何十倍にも膨れ上がりました。

 

その状況は新興国においては発生する可能性があります。

 

その中でも経済発展が見込まれる国への投資

資産拡大には可能性を感じます。

 

ただし、

前段でもお伝えした通り、

海外不動産投資は慎重に進めましょう。

 

コンドミニアムより土地がおすすめ

海外不動産投資というと、

コンドミニアム案件を紹介されるのがほどんどではないでしょうか。

 

コンドミニアムとは、大型リゾートマンションなどの1室を指し、

それに対し購入(投資)し利益を得ていく方法です。

 

このように海外不動産投資は、

海外の高い経済成長率を狙って、新築当初にコンドミニアムを購入し、

将来的な値上がりを見込んで売却を狙う手法ですが、

コンドミニアムの値上がり率は土地に比べ低いです。

 

例えば日本で一番地価が高いと言われている銀座ですが、

銀座に建っている建物を購入しようとするととても高額です。

 

これは建物よりも土地の価値が高いので、

建物の購入価格が高くなります。

 

これと同じで、開発前でかつ値上がりが見込める土地を安く買えたら

その上物に関係なく土地価格の上昇を狙えます。

 

土地がなければコンドミニアム(マンション)は建てることが出来ません。

成長率の高い土地で、開発が見込める地域に先に土地を購入しておけば、

将来的な高騰が見込めるでしょう。

 

このような理由から、

コンドミニアムより土地のほうが見込みが高いと言えます。

 

海外って大丈夫なの

確かに海外には一定のリスクがあります。

 

先程申し上げたようにコンドミニアムの場合は、

投資家から募った資金を持って逃げてしまうような事例もありますし、

その運営会社が潰れてしまう可能性もあります。

 

しかも海外になるので、もし何かの問題が起きたときに、

現地の人とやり取りしないといけなくなると言葉も通じない可能性もあります。

 

日本より値上がりが見込める魅力的な案件も多いですがリスクも当然あります。

運用会社にお金を預けて問題ないかを確認して、

本当にあなたの資産を預けてもいいかよーく考えてから投資を行いましょう。

 

もし何か引っかかるのであれば、別の投資先を検討しましょう。

海外不動産だけが資産拡大の道ではありません。



サイト運営者:米沢直晃 / 投資診断士

こちらのLINEにてブログ更新通知、お得な情報を流しています。

登録特典として個人的に特におすすな記事6本を無料配布。
欲しい方は「無料特典プレゼント」とコメント下さい。

LINEの友だち検索画面から
@bdd2740wをID検索しても登録できます。

友だち追加   

こちらで私のブログ順位が確認できますので、見てみてください。
にほんブログ村 投資ブログ 投資の豆知識へ  

>プロフィール詳細
>SDGsの取り組み内容
>マネーセミナーについて
>リスクンテイクンゲーム会
>オンライン相談会

Posted by yone